1UP情報局

アキバ系エンタメ情報を発信!

大熱狂!!「競泳水着カフェ 5th」でキャストの「ピン写」を撮らせてもらった!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

6月5日(日)、東京・板橋のレンタルカフェで、開催5 回目となるコンセプトカフェイベント「競泳水着カフェ 5th」が開催された。毎回話題になる同イベント。当日券もあったが、イベント前にすでにチケット完売となるほど盛況だった。

【関連リンク】

■2015年6月開催「競泳水着カフェ」の様子はコチラ

■2014年12月開催の「競泳水着カフェ」の様子はコチラ

競泳水着の「光沢感」「フィット感」

1up_news_DSC_8112競泳水着カフェは、その名の通り競泳水着姿のキャストさんがお給仕してくれる1日限定イベントである。キャストは毎回、人気のコスプレイヤーさんが担当。本イベントの特徴は、参加者は「写真撮り放題」だということに加え、それぞれのキャストが4回コスチュームをチェンジするという点だ。Twitter上にはすでに参加者が撮影した写真がアップされている。今回もコスプレファンはもちろん、競泳水着ファンにもたまらないイベントになったようだ。

※当記事の写真は写真転載、転用不可。イベント関係者、関連メディアのみ転載、転用可能です。

1up_news_DSC_79471up_news_DSC_7938

メニューは「競泳水着」に関連したものもある。「競泳水着カフェ完全オリジナルパスタ」(800円)は、ハイレグ水着型にカットされたチーズがトッビング。「お絵かきパンケーキ」(500円)はキャストさんのお絵描きを目の前で楽しめる。
1up_news_DSC_8093

今回登場するキャストは5名。みな「リアライズ」や「Speedo」など、レアなコスチュームを着用している点にも注目したい。イベントの責任者は「近年の競泳水着は、スパッツタイプが主流。ハイレグタイプは絶滅危惧種といっていい。このハイレグタイプの、フェチ感のある競泳水着を愛する人は多く、そんな受け皿になれるイベントになれれば」と話す。当日は1着1万円以上するコスチュームが多く、そのクオリティの高さに来場者も満足している様子だった。「リピーターの方も多くいらっしゃいます。また1〜4部通しで予約された方も。嬉しい限りです」(前出・イベント責任者)。

1up_news_DSC_8128

では、当日撮影させていただいた写真を、次のページでは掲載していく。5人の「ピン写真」をとくとご覧あれ。


1up_news_DSC_7877次のページでは各キャストの「ピン写」公開!