1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

秋葉原で開催された盛況イベント「バニーガール横丁」!! 登場レイヤー10名の「ピン写」一挙公開!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2月13日、東京・秋葉原のイベントスペース「秋葉原地下」で第2回目となる1日限定のバニーガールBarイベントが開催された。今回も人気のコスプレイヤーやモデルが多彩なバニーガール姿で登場。バニーガールのコスプレはなかなかお目にかかる機会が少ないため、会場には多くの来場者が会場を訪れていた。

美麗だった10人のコスチューム

1up_newsDSC_9199

※当記事の写真は無断転載禁止です(イベント関係者、キャストの皆様はのぞく)

会場は、第一回同様、昭和通り方面にあるイベントスペース「秋葉原地下」(東京都千代田区 神田和泉町1-2-19石井ビルB1)。当日は1〜3部構成(事前予約制)で、それぞれ90分間。参加費は4000円(別途ワンドリンク)だ。お酒やドリンクを楽しみながらレイヤーさんとの交流、撮影が楽しめる内容である。それぞれの部は、まず各バニーの自己紹介(撮影可)、その後全員登場しての撮影タイム、バニーたちのゲームタイム、交流・物販タイム、ハーレムチェキ撮影タイム、最後の全体撮影という盛りだくさんのスケジュールが組まれている。しかもその部によってモデルのコスチュームチェンジがあり、3部通し参加でも十分楽しめる内容になっていた。各モデルさんはお給仕のかたわら、自前の写真集販売や手作りのお菓子プレゼントなど、オリジナルサービスを用意。前回参加したリピーター参加者も多く、参加者同士も良い雰囲気が流れていた。

1up_newsDSC_91611up_newsDSC_91881up_newsDSC_9148

バニーガール横丁は、なんといってもそのキャストの豪華さが特徴である。スレンダー系からグラマラス系まで総勢10名のキャストが常駐。これまでも1日限定のコンセプトカフェは多数開催されてきたが、ここまで大勢のキャストが迎えてくれるイベントは少なくかなり豪華。しかも、衣装もレベルが高い。主催者の方に話を伺ったところ「今回は、衣装製作のアトリエダーム(atelier Darm)さんが8着ほど衣装提供してくれました。どれも3万円以上するコスチュームで、ハイクオリティ」とのこと。キャスト全員と写真がとれる「2ショットチェキ」(500円)「ハーレムチェキ」(1500円)は飛ぶように売れていた。

そんなキャストの皆さんのピン写を1UP情報局は撮らせてもらった。その素晴らしいお姿をとくとご堪能頂きたい。

ちせさん(@chise_shina


1up_newsDSC_9434


1up_newsDSC_9386次ページに続く!

この記事を書いた人

sei_sato
sei_sato
通称・ヒゲ。コスプレ撮影、サバゲー、三国志が趣味な社内随一のヌルヲタにしてキモカメコ。ただ、捨てられた子犬にミルクを持って行くなど、優しい心の持ち主でもある。人望に薄く、呂布に挑んだが2合で叩き切られた。