1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

【写真】人気コスプレイヤーが続々登場!! 秋葉原エリア過去最大規模のコスプレ同人即売会「コスプレシャス」レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

6月15日(日)、東京・秋葉原でコスプレ同人誌・デジタル系即売会「コスプレシャス」が開催された。コスプレシャスは初開催となるイベントだが、秋葉原で開催されるコスプレ系即売会では過去最大規模とあり、当日は多くのコスプレイヤー、カメラマンで賑わった。

人気サークルが次々出展!!

cos_002第1回「コスプレシャス」が開催されたのは、秋葉原中央通りに面する「廣瀬本社ビル」5階。1〜4階はアミューズメント施設「Hey」が入っている場所だ。フロアは秋葉原エリアのイベント会場としては広く、当日は約50サークルが出展。各サークルには、売り子のコスプレイヤーさんが立ち、賑やかな雰囲気が広がっている。14時を越えると、会場は多くの人で埋まっていた。主催の方にイベントの主旨を伺った。

「アキバでコスプレ同人イベントを開催したいという思いでスタートしました。私自身、同人イベントが大好きなんです(笑)。ふらっと寄れて、気軽に交流が楽しめる同人イベントは“大人の趣味”として最高だと感じています。自分がやるなら、よりモラルがあるイベントとして秋葉原で開催したいと決めていました。秋葉原は街全体がまるでコミケ会場のように魅力的。コスプレシャスの会場を出て、他のお店に行ったり、他のイベントに顔を出したり。そんな回遊性のある楽しいイベントを目指しました」(イベント運営担当者)

▲会場となったのはゲームセンター「Hey」がはいるビルの5階

▲会場となったのはゲームセンター「Hey」がはいるビルの5階

大好評だった「オリジナルフォトブック」

また、各サークルでの売買がより活発になるための仕掛けも考えた。会場では、各サークルで300円以上のお買い物をすると、コスプレシャスのマークが入ったシールが手渡される。これを3枚貯めて、受付に持ってくると大判のオリジナルフォトブックがプレゼントされるというものだった。この企画は大変好評で、あるサークルでは「もう配る用のシールがなくなってしまった」と嬉しい悲鳴をあげていた。後発のコスプレ同人イベントではあるが、来場者、出展者のために工夫を凝らしていたのが印象的だ。

DSC_0550 コピー

▲パンフレットがシールの台紙。3枚貼って戻ってくる参加者たち

▲次々配られて行った特典の「オリジナルフォトブック」はかなり大型

▲次々配られて行った特典「オリジナルフォトブック」はA3サイズほどある

さて今回も1UP報道局では、各人気サークルを取材して回った。各サークルさんの出展の様子をチェックしてほしい。

サークル「つぐつぐ」/つぐさん

DSC_0867 コピー

サークル「青ネコ」/加納ろくさん

DSC_0560 コピー

サークル「まぐろ漁船」/魚谷ぐぴこさん&にゃるまー。さん

DSC_0583 コピー

サークル「さえめくり」/さえさん

DSC_0711 コピー

DSC_0741 コピー

次のページに続く

この記事を書いた人

sei_sato
sei_sato
通称・ヒゲ。コスプレ撮影、サバゲー、三国志が趣味な社内随一のヌルヲタにしてキモカメコ。ただ、捨てられた子犬にミルクを持って行くなど、優しい心の持ち主でもある。人望に薄く、呂布に挑んだが2合で叩き切られた。

Comments

comments

So, what do you think ?