1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

本日17日よりプラネアール荻窪で注目のコスプレ撮影&レタッチ講座が開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

3月28日、17時より東京・荻窪にあるスタジオ「プラネアール荻窪スタジオ」で、カメラマンkengoさんが講師をつとめる「撮影&レタッチ教室」(主催・プラネアール撮影会事業部)が行われる。モデルはコスプレイヤーの穴子さん。

独特の作風で話題に

kengoさんは、主に雑誌やweb媒体の広告写真をメインに撮影するプロカメラマン。一方でコスプレ撮影にも力を入れており、コスプレSNS「コスプレイヤーズアーカイブ」では全ユーザー中カメラマン部門で2位、ユーザー部門で5位という高い注目をあつめている。撮影時のライティングには特にこだわりが深く、その後のレタッチもファンタジックで、多くのコスプレファンを魅了してきた。

▲kengoさんHPより引用(モデル:-Usagi-さん)

▲kengoさんHPより引用(モデル:-Usagi-さん)

▲kengoさんHPより引用(モデル:-Usagi-さん)

▲kengoさんHPより引用(モデル:-Usagi-さん)

▲kengoさんHPより引用(モデル:-Annさん)

▲kengoさんHPより引用(モデル:-Annさん)

今回の「撮影&レタッチ教室」では、kengoさんが直接アドバイスしながら「撮影」で2時間、「レタッチ」2時間の4時間(途中休憩あり)という構成。モデルの穴子さんを撮影しながら、ライティングやカメラ設定の基礎をアドバイスしてくれる。また、今回はスタジオ撮影ということもあり、スタジオならではのライティング機材などの扱いもマスターできそうだ。レタッチ講座では、実際にモデルの肌やシワの改善、幻想的なレタッチ方法の基礎を大型モニターを使用してレクチャー。撮影データから完成データまでの一部始終をみることができるのは貴重だ。

マスターしたい!レタッチテクニック

目や、お腹のたるみ、肌などのレタッチは、人物ポートレートの際ぜひ行っておきたいテクニック。しかし、ある程度練習と知識が必要で、これまで「全体的な明るさだけをトーンカーブで…」という方も多かったのではないか。しかし、まつげをいい感じに伸ばしたり、シワを少し意識して改善するだけで、イメージは大きく変わる。今回はそんな技を伝授してもらえるとのこと。

カラー

ライン

肌

目

応募はプラネアール荻窪スタジオ公式ページから。すでに予約者がいるが、開催時間まで応募は可能。写真の撮影、レタッチのスキルをさらにアップさせたい方にはうってつけのイベントだ。

開催概要

【お申込み】 当ページ記載の募集要項などをご覧いただきこちらへお進みください

http://urx.nu/i7MA

【開催日】

3月28日 土曜日

1部 カメラ講習 17:00~19:00

2部 レタッチ講習 20:00~22:00

【開催場所】

プラネアール荻窪スタジオ

http://www.cospla.info/#

【参加費】

1部 カメラ講習 \3,000-

2部 レタッチ講習 \3,000-

1部,2部通し参加 \5,000-

【持ち物】

・カメラ(ない場合は貸し出しもアリ)

・筆記用具

【主催者より】

カメラ教室では

・シャッター速度、絞り、ISOなどのカメラ操作

・屋外、室内、昼、夜などの条件による撮影方法のちがい

・コスプレ作品の多様性に合わせて、コスプレならではの撮影方法

・レフ板の使い方

・ストロボ撮影によるライティング例 など撮影を楽しむ為の講習

レタッチ講習では

・撮影したけどそのまま

・挑戦してみたいけど、何をすれば良いか分からない

・目の色を変えてみたい

・肌をきれいにしたい

・レタッチはやってるけどうまくいかない

  などのコスプレ写真に特化したレタッチ講習

・コスプレ写真を勉強したいレイヤーさん

・コスプレカメラマンさん

・女性カメラマンさん

・これから挑戦し たいカメラマンさん 大歓迎です。

この記事を書いた人

sei_sato
sei_sato
通称・ヒゲ。コスプレ撮影、サバゲー、三国志が趣味な社内随一のヌルヲタにしてキモカメコ。ただ、捨てられた子犬にミルクを持って行くなど、優しい心の持ち主でもある。人望に薄く、呂布に挑んだが2合で叩き切られた。