1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

【東京オートサロン2015】会場でオタク心をくすぐる自動車&ブースを激撮してきた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2015年1月9日(金)、千葉・幕張の「幕張メッセ」で国内最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2015」が開催された。会期は11日(日)まで。今回は400を超える企業がブース出展し、自慢のカスタムカーやパーツなどを展示。自動車ファンをはじめ、同イベントの魅力の一つであるキャンギャル、コンパニオン、レースクイーンの撮影のために会場を多くの人が訪れた。

1up_1DSC_6668

東京オートサロンは、1983年にチューニングカーマガジン「OPTION」誌初代編集長が、カスタムカー文化を世に広めるべく「東京エキサイティングカーショー」としてスタート。1987年の第5回からは「東京オートサロン」に名称を変更し、会場も晴海から有明、そして幕張メッセと開催場所を変え、年々規模を拡大している。近年では自動車メーカーも出展し、オートサロンに合わせて新車発表を行なったり、各種パーツの展示販売や、レーシングマシンのデモラン、avexライブステージ、キャンギャルの撮影会を開催するなど、コアな自動車ファンだけでなく、自動車を利用する家族連れでも十分に楽しめるビッグイベントにまで変化発展している。

第33回目となる「東京オートサロン2015」は、前回に引き続き1~11ホールを加えイベントホールも使用して、東京オートサロン史上でも最大規模の世界最大級のカスタムカーイベントとなっている。会場には、各自動車メーカー、カスタムブランド、チューニングショップのブースがずらり。各イベントブースやステージなど、幕張メッセ全館がカスタムカー一色に染まった。

【関連リンク】

【東京オートサロン2015】昨年よりセクシー!? 会場のコンパニオン・キャンギャル78名を激撮してきた!!

1up_1DSC_67161up_1DSC_6713

自動車を展示するブースにも色々な工夫が。上記のブースは、定期的に照明カラーがかわり、車体のイメージの変化を楽しめる。

1up_1DSC_6446こちらのカスタムカーは、バック部分が「射的」になっていて、発光するエアガンで的を打つと電光が光る仕組み。

 

1up_1DSC_64601up_1DSC_64581up_1DSC_64551up_1DSC_64521up_1DSC_6448

1up_1DSC_70391up_1DSC_70431up_1DSC_70491up_1DSC_7045

 

1up_1DSC_7771カスタム用の機材ショップも。写真は「スゴいやすり」として紹介されている商品。

1up_1DSC_76781up_1DSC_76701up_1DSC_7672「グランツーリスモ6」を体験できるコーナーは列が途切れなかった。

1up_1DSC_76631up_1DSC_7668ファンには嬉しい、各メーカーごとに分けられた雑誌販売ブース。

1up_1DSC_69611up_1DSC_69591up_1DSC_69541up_1DSC_69511up_1DSC_6973床に畳が敷いてあり、サイドブレーキが刀という、超和風なカスタムカーも!!ホイールもなんだか戦国武将の鎧のように見えてくる。1up_1DSC_69641up_1DSC_6966

 

1up_1DSC_75991up_1DSC_76001up_1DSC_74681up_1DSC_74651up_1DSC_74631up_1DSC_7460

この記事を書いた人

sei_sato
sei_sato
通称・ヒゲ。コスプレ撮影、サバゲー、三国志が趣味な社内随一のヌルヲタにしてキモカメコ。ただ、捨てられた子犬にミルクを持って行くなど、優しい心の持ち主でもある。人望に薄く、呂布に挑んだが2合で叩き切られた。