1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

【祝劇場版公開】小野大輔さん・津田尚克監督による劇場版『planetarian~星の人~』公開初日舞台挨拶レポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016年9月3日(土)より劇場公開となったKeyが贈る珠玉のSF感動作『planetarian~星の人~』(以下、劇場版)。本作は全5話で配信されたアニメ『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』(以下、配信版)の続編、かつ完結編にあたる作品だ。

初日には、東京で津田尚克監督と主人公・屑屋役の小野大輔さんが、大阪ではヒロイン・ほしのゆめみ役のすずきけいこさんとビジュアルアーツの丘野塔也さん、折戸伸治さんが舞台挨拶を行った。本レポートでは、TOHOシネマズ新宿で行われた津田尚克監督と屑屋役・小野大輔さんによる舞台挨拶をお届けする。

DSC_0557

屑屋視点で描かれる新たなplanetarian

多くの来場者からの拍手を受け、舞台挨拶はまず2人からの挨拶からスタート。津田監督は「なんとかめでたくこの日を迎えることができました」と感慨深く挨拶。若干緊張しているという小野さんは「屑屋あらため星の人役」と自己紹介し、「たくさんのお客さんと一緒に初日の公開を迎えられて本当に嬉しい」と語った。

最初の話題は“作品全体について”。配信版がほしのゆめみ視点だったのに対し、劇場版は屑屋改め星の人視点で描かれていると津田監督。配信版から音楽の付け方や映像の構成、カット自体の差し替えなどが行われており、結果的に配信版が劇場版からの抜き出しのような形になったという。配信版から追加でアフレコを行った小野さんは「視点が変わることで、こんなにも物語の見え方が違うんだ」と感心していた。

津田監督の元に『planetarian』アニメ化の話が来たのは約2年前。当初の予定より製作期間と尺が伸びて製作スタッフには苦労をかけたと謝る津田監督だったが、「できあがった作品を見てもらえれば“作ってよかった”と思ってもらえるだろう」という強い想いがあり、今日の公開に至ったという。また、アニメのアフレコが半年前、ゲームの収録が約10年前という小野さんも本作には強い想い入れがある。“あの時、俺たちが好きだったあの作品”が、時を経て今の技術でアニメという形になったことが素晴らしく、今後10年、20年経っても残る作品になったのではないかと熱く語った。

▲津田尚克監督。

▲津田尚克監督。

▲小野大輔さん。

▲小野大輔さん。

誰もが抱く気持ちへの1つの答え

続いて話題は作品の見所に。津田監督は「一生懸命、日々を生きている人ほどグッとくる作品になったと思う。自分が仕事をしている意味や学校へ行く意味ってなんだろう、と誰もが抱くモヤッとした気持ちに対するひとつのアンサーかもしれない。そんな思いを抱きながら見て頂けたら、作品の終わりに何かあるかもしれない」とコメント。小野さんも、誰もが心の中で抱く“切なさ”や“悔しさ”などの普遍的な思いに訴えかけてくるような、色褪せないテーマが描かれた作品であると語った。また、登場人物の誰かと必ず共感する部分があると思うので、その時は自分の中の心と照らし合わせて、見て・感じて欲しいという熱いメッセージも送った。

やがて話題は一転し、屑屋から星屋に「ジョブチェンジした」ことにちなみ、2人が別の職業に就くならなら何をしたいかという内容に。すると2人は「声優をやってみたい(津田監督)」「監督をやってみたい(小野さん)」と回答し、会場からは大きな笑いが起こった。監督・小野大輔、主演・津田尚克の作品が実現するかに思えたが、互いの苦労や難しさを知っているため、結局「無理だね」という話に落ち着いた。

終盤の各種告知パートでは、「観客動員数250万人になったらもう一度舞台挨拶を行う」という衝撃の企画が発表。作中、屑屋が花菱デパートプラネタリウムの2,487,290番目のお客様であることにちなんで、観客動員数が12,710人、つまり加算して250万人に到達すれば、ほしのゆめみ役のすずきけいこさんと小野さんが一緒に登壇する舞台挨拶がもう一度企画されるという。現実とリンクした素敵な企画内容に、会場から大きな拍手が起こった。

最後に2人は以下のようにコメント。

津田監督「この場にいてくださってありがとうございます。この気持ちでいっぱいです」
小野さん「必ず何か自分の心の中に残るものがあると思います。その気持ちや思いを大切な人に伝えて欲しいですね」

そして2人は「目指せ250万人!」と言って初日舞台挨拶を締めくくった。

CrEP3IoUkAADzdf

作品概要

配信版アニメ『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』
2016年7月7日よりニコニコ動画ほか動画配信サイトにて配信中

劇場版アニメ『planetarian~星の人~』
2016年9月3日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国順次公開

■原作:「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」(Key)
■監督:津田尚克
■脚本:ヤスカワショウゴ・津田尚克
■シリーズディレクター:中山勝一・町谷俊輔
■原作協力:Key/ビジュアルアーツ
■アニメーション制作:david production
■製作:planetarian project
■CAST:ほしのゆめみ:すずきけいこ、屑屋:小野大輔 ほか
■公式サイト:http://planetarian-project.com/
■公式Twitter:@planetarian_pj

(C)VisualArt’s/Key/planetarian project