1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

7月7日(火)UDXシアターで「第1回空想学会シンポジウム 銀河鉄道999学」が開催! 松本零士先生らが登壇!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

松本零士先生の名作『銀河鉄道999』の世界観を、西武鉄道の車輛や沿線で実現するためのプロジェクト「銀河鉄道999現実化プロジェクト」が7月7日(火)より開始。そのキックオフイベントとして、松本零士先生らが登壇する「第1回空想学会シンポジウム 銀河鉄道999学~「銀河鉄道999」の世界はどこまで現実化できるか~」が7月7日(火)13時より秋葉原UDXビル4F・UDXシアターにて行われる。参加費は無料で、募集人数は30人。申し込みはコチラのサイトから。

▲松本零士先生。

▲松本零士先生。

スペシャリストが語らう未来の鉄道

本イベントでは、『銀河鉄道999』の原作者である松本零士先生、ヒューマノイドロボット・音声翻訳や対話システム研究の第一人者の先生方、JAXAで国際宇宙ステーションの研究をされていた先生が一堂に会し、銀河鉄道999の世界観から、未来の鉄道やガジェットなどを語り合う。プログラムは以下のとおり。

■13:30~13:40:挨拶・空想学会説明 株式会社新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一

■13:40~14:20:比留川 博久氏 講演
・登壇者紹介
・登壇者:比留川 博久(ひるかわ・ひろひさ)氏 
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ロボットイノベーション研究センター 研究センター長
機械人の現実化に関してヒューマノイドロボット研究の第一人者の比留川先生にはHRP-4C未夢の開発、機械の体はある程度は実現してきており、残された神経との接合などの科学技術に関してレクチャーいただきます。
・松本零士氏によるコメント

■14:20~15:00:中村 哲氏 講演
・登壇者紹介
・登壇者:中村哲(なかむら・さとし)氏 
国立研究開発法人 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授/ATRフェロー/カールスルーエ大学客員教授/国立情報学研究所客員教授
音声翻訳や対話システムの研究の第一人者としての中村先生には感情も増幅させる知能通訳の可能性、異言語だけでなく異分野(違う惑星の生命体、物語中では冷血帝国(恐竜の王国)で恐竜と話ができる自動翻訳機が登場するが、こうした科学技術の進歩についてレクチャーいただきます。
・松本零士氏によるコメント

■15:00~15:10:休憩

■15:10~15:50:小林 智之氏 講演
・登壇者紹介
・登壇者:小林 智之(こばやし・ともゆき)氏(JAXA職員OB)
国立大学法人 名古屋工業大学 リサーチ・アドミニストレーション・オフィス/シニア・リサーチ・アドミニストレータ(特任教授)
JAXAで従事されていた国際宇宙ステーション(ISS)日本希望棟「きぼう」での宇宙実験プロジェクトや「きぼう」の新しい産業利用開拓の経験をもとに、国際宇宙ステーションの現在を航空機・列車などと比較しながら解説し、「宇宙で暮らすこと」「宇宙旅行での必要技術」などをレクチャーいただきます。「トイレ・シャワー車両」「病院車両」「寝台車両」「食堂車両」のある銀河鉄道999のイメージを考えます。
・松本零士先生によるコメント

■15:50~16:30:松本零士氏によるご挨拶、総合コメント

■16:30~17:00:「銀河鉄道999現実化プロジェクトとオープンな参加」のための説明
aaa
 

イベント概要

第1回空想学会シンポジウム銀河鉄道999学
テーマ
科学技術  その他
■開催:2016年7月7日(火)
■時間:13:30(開場13:00~)~17:00
■場所:UDXシアター
■参加費:無料
■募集人数:30名
■募集対象:空想科学や商品開発に御関心のある方、コンテンツや研究に携わる方、空想商品の開発や販売に御関心のある方など
■参加申し込みサイト:http://www.town-college.com/udx/search/001417.php