1UP情報局

秋葉原を中心としたサブカル系情報を発信!

東京マルイ×ニパ子のコラボカフェが「AKIBA BASE」で開催中! 特別製作された「P-285」の展示も

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

模型用ツール「アルティメットニッパー(株式会社ゴッドハンド)」の擬人化キャラクター「ニパ子」と、エアソフトガンメーカー「東京マルイ」がコラボした「サバイバルニパ子・プロジェクト」。その一環として、秋葉原のシューティングカフェ&バー「AKIBA BASE(アキバベース)」にて、6月3日(土)より「サバイバルニパ子カフェ」が開催されている。本記事では、店舗の様子とともに、東京マルイの名物広報・島村氏へのインタビューをお届けする!

DSC_8870

サバイバルニパ子グッズが多数展示!

ニッパーの擬人化キャラと国内最大手のエアガンソフトメーカーのコラボというだけでも謎だが、さらに秋葉原でカフェまで開催するとは誰が予想しただろう。しかしながら、蓋を開けてみれば両者のファンが多いこともあり、コラボ開始日から連日好評を博している。

「サバイバルニパ子カフェ」の目玉は大きく分けて3つ。まず、店内奥にある「展示物」だ。こちらには、TVアニメ『ケロロ軍曹』『えとたま』『蒼の彼方のフォーリズム』等の総作画監督、キャラクターデザインを担当した小池智史氏が本コラボのために描き下ろした「サバイバルニパ子」のスタンディや、東京マルイによるサバイバルニパ子のメインウェポン「P-285(非売品)」、6月末に発売が予定されているゴッドハンド製の「メンテナンス用ツールセット」などが展示されている。

DSC_8875

DSC_8877DSC_8879

DSC_8883

なかでも注目を集めていたのは「P-285」。東京マルイのスタンダード電動ガン「P-90TR」をベースにして製作されたもので、サバイバルニパ子のキービジュアルではニパ子が装備している。今回は特別に東京マルイの名物広報・島村氏が、実物を一挺製作した。こちらの製作秘話はページ下記にて。

DSC_8894

製品化はあるのか!? 「P-285」製作秘話
■ニパ子とコラボすることになった経緯は?
島村:キッカケとしては、ゴッドハンドの高橋大介さん(広報・デザイン責任者)からお話を頂いたことですね。偶然うちの社員の者から経由して聞いた話でしたが、高橋さんのことは元々サバイバルゲームを通じて知り合っており、『アルティメットニッパー』の存在も知っていたので、これは面白そうだなと。しかし、“製品の分解を推奨するツール”とのコラボだとメーカーとして承諾できません。あくまでもメンテナンス目的でなければ。ここだけ懸念がありましたが、無事クリアすることが出来ました。

■なぜ「P-90TR」がベースに選ばれたのですか?
島村:たしか作者さんが「P-90」が好きだったのかな。元々「P-90」は平面が多く、加工しやすいというのもありますね。なにか絵を描いたり、塗るのに適した銃なんです。また、軽くて女性にも人気があるのもポイントですね。

■島村さん自らが実物を製作したとお聞きしましたが、経緯や苦労話などはありますか?
島村:どうせやるなら中途半端なことはせず、トコトンやるのがウチですから。ということで、イラストを描いて頂けるなら、僕が一挺作るという約束をしてしまいました(笑)。製作過程はTwitterなどで報告しつつ、先日の「第56回静岡ホビーショー」で初お披露目、という流れですね。ちなみに東京では今回のコラボが初公開となります。

苦労話としては……そうですね、輸送時にとにかく壊れました。静岡、大坂、東京と輸送する度に壊れて、修理しての繰り返しでしたね。とくにリボンが……、時間が許すならもっとこだわりたいぐらいです。素材自体は100円ショップの靴ベラを使用していて、これが自重で下がってきてしまう。もっとイラストのようにピシッと本体に密着させたいところです。でも、しっかりと可動しますし、実際に狙い撃つことも可能ですよ。個人的なこだわりとしては、バッテリーを収納している“裏の部分”も白く塗装しています。展示している状態では見えませんけど(笑)。

■本当にやるならトコトンですね。ファンから製品化の声も多そうですが。
島村:大阪でも言われましたが、これをウチが製品化するものだと思われているみたいで……。残念ながら製品化はしません。今回はあくまで宣伝用に作った一点物です。

■と、言いつつも実は……?
島村:しません(笑)。ただ、ファンの方が自作する分には面白いかもしれませんね。

■今後、ニパ子カスタムをする猛者も現れそうですね(笑)。ありがとうございました!
DSC_8887

 

新潟のソウルフードもあるコラボ限定メニュー

店内では「ニパ子プレート」「ニパ子ブルーソーダ」「サバイバル285コーヒー」のコラボ限定メニュー3品が提供。購入特典は各メニューに対応した「特製ステッカー(全3種)」、さらに3メニューをフルコンプするとサイズの大きな「達成者限定ステッカー(1種)」が貰える。

▲ニパ子プレート(1,000円)。 ニパ子のふるさと新潟のソウルフード「イタリアンやきそば」をイメージした特製プレート。思った以上に合う。

▲ニパ子プレート(1,000円)。
ニパ子のふるさと新潟のソウルフード「イタリアンやきそば」をイメージした特製プレート。思った以上に合う。

▲ニパ子ブルーソーダ(800円)。 ニパ子カラーのブルーハワイソーダに生クリームをトッピング。ニパ子のシルエット入り。混ぜ飲むとマイルドに。

▲ニパ子ブルーソーダ(800円)。
ニパ子カラーのブルーハワイソーダに生クリームをトッピング。ニパ子のシルエット入り。混ぜ飲むとマイルドに。

▲サバイバル285コーヒー(800円)。 ウインナーコーヒー「285」と弾丸を印字。アキバベース特製の美味しいコーヒー。

▲サバイバル285コーヒー(800円)。
ウインナーコーヒー「285」と弾丸を印字。アキバベース特製の美味しいコーヒー。

DSC_8933

▲特典で貰えるステッカー。一番大きなタイプはコンプ特典。

▲特典で貰えるステッカー。一番大きなタイプはコンプ特典。

ニパ子シューティング開幕!?

店内のシューティングレンジにおいて、期間中ターゲットが「ニパ子」になる「ニパ子ターゲット」(1ゲーム500円)を開催。『ポプテピピック』などで人気の大川ぶくぶ先生が描いたニパ子を撃ち抜こう!というものだが、キャラの顔を撃ち抜くのは抵抗が……という方に向けて、別途ターゲットが描かれたバージョンも用意されている。優しい世界。

▲的になるニパ子さん。

▲的になるニパ子さん。

▲最も近い距離だとこんな感じ。

▲最も近い距離だとこんな感じ。

▲顔を撃ち抜けない方用。

▲顔を撃ち抜けない方用。

本コラボは6月18日(日)まで。ニパ子ファンの方は、ぜひ訪れてみてほしい!

イベント概要

サバイバルニパ子コラボカフェ
■入場無料:90分1オーダー制
■開催期間:6月3日~6月18日
■営業時間:11:00~23:00 
※火曜はBAR TIMEのみ
■場所:シューティングカフェ&バーアキバベース
■住所:千代田区外神田4-4-3 秋葉原SILビル3F
■電話:03-5244-4066

DBsukHyW0AArtmA