1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

【おかえり】ラジ館前に「富良野メロンパン」が3月11日(水)まで販売中! 販売交渉に約半年!?

0
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

移動販売車型の富良野メロンパン販売店「ぶるーあーす」が、3月5日(木)~3月11日(水)の7日間、ラジオ会館正面入口にて販売。ベルサール秋葉原などで販売しているイメージが強かったが、最近はあまり見かけなくなっていたが、満を持して“秋葉原”に帰ってきた形となる。
DSC_2457
 

連日盛況! 一時完売も

「ぶるーあーす」のメイン商品といえば、なんといっても『富良野メロンパン』(200円)。マルっとしたカリカリの皮はもちろん、パン自体にもメロンの味がしっかりと付いており、焼きたて時の風味は格別。夕方以降は毎回列ができており、ラジオ会館付近にはメロンパンの甘い薫りが漂う。これがまた“美味しそうな匂い”で、ついつい購入したくなるのだ。

『富良野メロンパン』のほかにも濃厚なカスタードクリームが詰まった『リッチカスタードのメロンパン』(250円)や、生クリーム入りの濃厚チーズ風味『ちぃ熟ケーキ』(180円)、外はサクサク・中はふっくらの『レッカァ・ワッフル』(200円)など、様々な商品が販売されている。意外に購入者が多く見られたのが、完熟メロンを使用した『メロンソフト』(300円)。「富良野メロンパンラスク」が添えられた一品で、濃厚なメロンの味がするソフトクリームは絶品だ。

なお、店員さんに話を聞いてみたところ、販売に至るまでにラジオ会館側との交渉に約半年かかったららしい。同所で飲食系の店頭販売はなかなか見られないので、なかなか苦労したと思われる。ただ、連日列ができており、3月13日(金)には売り切れとなっていたので、なかなかの盛況っぷりだ。今後の販売にも意欲を見せていたので、ぜひまた帰ってきてほしい。

▲メニュー表。このほか『メロンソフト』や『氷サイダー』などがある。

▲メニュー表。このほか『メロンソフト』や『氷サイダー』などがある。

▲「メロンパンはカリカリモフモフの食感が大事」 と、赤毛の少女が言っていた。このメロンパンは、まさにそれである。

▲「メロンパンはカリカリモフモフの食感が大事」 と、赤毛の少女が言っていた。このメロンパンは、まさにそれである。