1UP情報局

アキバ系エンタメ情報を発信!

【ゲームマーケット】“民芸品”で相手の“民芸”を攻撃! 全国の民芸品を召喚するバトルカードゲームが登場!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

全国すべての都道府県の民芸品(郷土玩具)をモチーフにしたカードゲーム「民芸スタジアム」が、2017年5月14日(日)より発売が開始される。制作は株式会社妄想工作所と株式会社ウサギの2社共同。価格は2,000円(税別)。

mingei2

民芸召喚!!

「民芸スタジアム」は、全47枚の民芸カードとサイコロを使い、相手の民芸を攻撃しながら、先に一定数の民芸を自分の場にそろえた人が勝ちとなるシンプルなゲーム。それぞれの民芸カードには特殊能力があり、上手く能力を使いながら勝利を目指す奥深い戦略も楽しむことができる。

カードには日本の全都道府県の民芸品の写真がそれぞれ1点ずつラインナップされており、作り手の魂が込められた民芸品を一覧可能。すべて制作元や監修元から公認された美麗な写真で、ゲームを遊ぶだけでなく、手元に置いて眺めるだけでも大変楽しい、図鑑のような価値のあるカードセットとなっている。各カードには、それぞれの民芸の解説文も添えられており、全国各地の民芸の知られざる知識を学ぶことも可能だ。

開発者本人たちが、もともと日本の魅力的な郷土玩具・民芸品の魅力に取りつかれ、その魅力を自分達なりのやり方で、子供から大人まで多くの人に伝えることができたらという強い想いから生まれた本作。民芸たちをクリーチャーに見立てて戦わせる「バトルカードゲーム」形式での商品開発に至ったという。

発売開始時には、妄想工作所の公式ウェブショップ及び、5月14日に東京ビックサイトで開催されるイベント「ゲームマーケット」内「妄想工作所(ブース番号:L35)」にて販売を開始し、順次流通経路を拡大する。

mingei1

商品概要

民芸スタジアム
■希望小売価格:2,000円(税別)
■発売日:2017年5月14日
■セット内容:民芸カード47枚、木製サイコロ1個、取扱説明書
■対象年齢:7歳以上
■プレイ人数:2~4人
■プレイ時間:5~15分
■メインターゲット:小学生男女と、30-40代の両親
■販売ルート:「妄想工作所」公式ウェブショップ https://mousou.base.ec/
「ゲームマーケット」(2017年5月14日、東京ビッグサイト)http://gamemarket.jp/「妄想工作所(ブース番号L35)」
■スタッフ:原案/乙幡啓子(株式会社妄想工作所) ゲームデザイン/高橋晋平(株式会社ウサギ)
■発売元:株式会社妄想工作所・株式会社ウサギ グラフィックデザイン/吉川晋平