1UP情報局

アキバ系エンタメ情報を発信!

【シロクマと一緒に暮らしたいあなたに】動物美術品『Animals As Art ポーラーベア《 シロクマ 》親子』が約1,300万円で登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

株式会社ブラストは自宅やオフィス等の展示美術品としての動物美術造形「Animals As Art」シリーズを発表。2017年1月5日(木)よりシリーズ第1弾『ポーラーベア 《 シロクマ 》親子』 が、日本国内・海外各国へ向けてリリースされる。価格は定価(税別)で、親子セット1340万円、親のみ890万円。

《 Animals As Art 》 公式サイト : http://www.animals-as-art.com/

「Animals As Art」ポーラーベア《 シロクマ 》親子

生き物を殺して作る剥製では無い、生き物を殺さずに生きているかのような動物を創る『Animals As Art』シリーズ第1弾

最新特殊造形技術の粋を集めた実物大の動物美術造形シリーズ「Animals As Art」。従来の剥製ではなく、造形材料を駆使し、リアルな外観や質感、生物感を徹底的に再現。親子で眠るその姿は、そこで本当に眠っているかのような生物感を錯覚させる。シロクマ1体の製作体制は熟練トップクラスの造形職人3名、アシスタント5名。頭部の毛の一本一本の植毛作業や、口内の歯茎や牙、肉球、爪など約3ヶ月(受注状況や並走製作する対数などで変動)かけて製作する。価格は定価(税別)で、親子セット1340万円、親のみ890万円。これらの売り上げの1%は「WWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)」に寄付され、このシリーズを通して剥製販売の反対、絶滅危惧種の保護を支援する。

映像、美術等の特殊造形業界では30年以上の経歴を持つ、岡部淳也がプロデュース。製作は岡部淳也が代表を務める株式会社BLAST内特殊美術造形スタジオ ゼペット 担当。そして、動物造形監修には『チョコエッグ』などで知られる日本のネイチャーフィギュアの第一人者、株式会社・海洋堂、造形作家の松村しのぶ。海外からも注目される同氏は フィギュアだけではなく、ニューヨーク自然史博物館など国内外の要望により動物展示物の製作や監修を手がけている。

「Animals As Art」ポーラーベア《 シロクマ 》親子

▲シロクマの前進を覆う体毛、リアルな二級や爪も徹底再現。

▲シロクマの前進を覆う体毛、リアルな二級や爪も徹底再現。

▲穏やかな寝顔をしたシロクマの唇をめくると野性味溢れる歯茎なども見える。

▲穏やかな寝顔をしたシロクマの唇をめくると野性味溢れる歯茎なども見える。

「Animals As Art」ポーラーベア《 シロクマ 》親子

「Animals As Art」ポーラーベア《 シロクマ 》親子

「Animals As Art」ポーラーベア《 シロクマ 》親子

「Animals As Art」ポーラーベア《 シロクマ 》親子 商品概要

■発売日:2017年1月5日(木)
■価格(税別):[親子セット] 1,340万円 /[親のみ] 890万円
■サイズ:親・2850mm×1420mm×720mm / 子供・1000mm×700mm×350mm
■重さ:親・110kg / 子供・20kg
■URL:http://www.animals-as-art.com/