1UP情報局

アキバ系エンタメ情報を発信!

【秋葉原=メイド?】「店舗数」「オムライス提供率」「スカートの長さ」など「メイド喫茶」に関する調査結果を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

アニメやゲーム、アイドルなど、さまざまなジャンルのお店が揃っている秋葉原だが、中でも「メイド喫茶」はアキバの代名詞の一つ。今回、1UP情報局ではメイド喫茶の店舗数について調査してみた。その結果、HPで「メイド喫茶」と紹介しているお店は44店舗だとわかった。

「コンセプトカフェ」などを加えると約100店舗

秋葉原では純粋な「メイド喫茶」に加え、忍者や戦国、海賊をテーマにした「コンセプトカフェ」が人気だ。「メイド喫茶」と一言でいっても、詳細に分類するとメイドさんをスタッフとしていないお店も多い。そこで、今回はHPで「メイド喫茶」と紹介しているお店だけを調査。その結果、確認できたのは44店舗だと判明した。これに「コンセプトカフェ」「リフレ等、飲食店以外のメイド系」を加えると100近い数となる。

仮に1店舗につき10人のスタッフが務めているとすると、秋葉原にいるメイドさんは1,000人前後。もし1,000人に出会うことができたなら「我こそは真のアキバ無双なり」と叫んでも許されるかもしれない。

201506160002 (3)

オムライス提供店は脅威の「100%」、平均価格は1,100円

「メイド喫茶の定番メニュー」というイメージの強いオムライス。その提供率もリサーチしたところ、そのパーセンテージはなんと100%。一部店舗では「限定メニュー」として提供しているが、メイド喫茶に行けばオムライスがほぼ確実に食べられるということになる。価格の平均は約1,100円で、ケチャップを使ったお絵かき率も高い。逆に言えば、各メイド喫茶のサービスの善し悪しをチェックする一品かもしれない。

▲2015年5月にオープンした「リトルコスモ」のコンセプトは宇宙アイドル。

▲2015年5月にオープンした「リトルコスモ」のコンセプトは宇宙アイドル。

スカートの長さは平均「膝上16.4cm」

これまで編集部が「ガルコレ」などの企画で撮影した「メイド服」スタイルのスタッフさん73名のスカートの長さを調査した。その結果、その長さは膝上平均16.4cmだと分かった。ちなみにロングスカート着用のメイドさんは73人中1人だけ。今回編集部で撮影していなかった人気のメイド喫茶「シャッツキステ」など、ロング丈のメイド喫茶はほかにもあるが、いずれにしても秋葉原ではレアな存在だといえる。なかには約25cmというマイクロミニ丈のメイドさんもいたが、「ちゃんとドロワーズを下に履いていますよ」とのこと。それを聞いた記者は「沼」を当てたカイジのごとく天に向かって「ありがとうございます」と心から感謝していた。

201506160002 (2)

CHGicceWcAA2gvI本記事の調査結果は6月10日より配布中のフリーマガジン『1UP』の企画ページ「アキバ統計学」に掲載中だ。もちろん、秋葉原の数にまつわるトリビアだけではなく、店舗情報やマップといった便利な情報も掲載されているので、『ビキニ・ウォリアーズ』が表紙の1UPを見かけたら手にとって、秋葉原を散策してみよう。

関連記事:アキバ情報フリーマガジン『1UP』第5号が本日より配布開始! 表紙は新アニメ『ビキニ・ウォリアーズ』!!
/archives/n20727.html
配布店舗に関してはコチラ→/freemag
※調査範囲はフリーマガジン『1UP』に掲載しているマップに準じます。ワンナップ調べのため数には多少差異が生じる場合がありますのでご了承ください。