1UP情報局

アキバ系エンタメ情報を発信!

海外ユーザー向けWebマーケット「NIJI-IRO」サービス開始! 秋葉原の店舗へ向けた出品・発送作業の代行サービスも

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

個人でアニメグッズやゲームを売買できるWebマーケット『にじいろ☆』の海外用サイト「NIJI-IRO」(http://2ji-iro.com/)が2015年5月1日オープン。世界120カ国以上のユーザーに向けてアニメグッズなどを販売する「NIJI-IRO」では、秋葉原・中野の店舗で販売している商品を掲載しており、出品作業やWeb掲載、発送などを代行するサービスも実施中。

海外向けサイト「NIJI-IRO」:http://2ji-iro.com/

海外向けサイト「NIJI-IRO」:http://2ji-iro.com/

世界120カ国以上に対応した海外用Webマーケットサイト「NIJI-IRO」では、秋葉原や中野にある店舗で販売している商品の出品や発送作業を代行するサービスも同時に実施。出品にあたって店舗側の作業は「出品用の商品と金額を決める」「売買成立時に商品を運営会社(NIJI-IRO)に発送」の2点。出品手続きやサイトの更新、英語版の翻訳、海外への発送は「NIJI-IRO」側が全て負担。売買成立後は「NIJI-IRO」が商品を受け取りに来る。また、掛かる費用は売買成立時の販売代行手数料のみとなっているのもポイントだ。

「海外ユーザーにアニメ・ゲーム系アイテムを売りたい」という店舗が販売の選択肢を増やすことが出来る「NIJI-IRO」。現在の品揃えはフィギュア中心だが、今後はポスターやタペストリーといったグッズやゲーム、またコスプレなどを増やしていく予定とのこと。

NIJI-IROイメージ

「NIJI-IRO」出品の流れ(一例)

1.「NIJI-IRO」に商品情報と金額を連絡。「NIJI-IRO」側で海外用Webサイトに商品情報を掲載して出品
(出品作業費・運営管理費・広告費用・翻訳費用は「NIJI-IRO」持ち)

2.ユーザーからの注文が入ったら「NIJI-IRO」側が店舗に連絡
※実店舗に商品があるので、その場で売れた場合は実店舗を優先

3.売れた商品は「NIJI-IRO」が店舗へ受け取りに来る

4.商品を受け取った「NIJI-IRO」が海外ユーザーに商品を発送

5.売上金は売買成立後に「NIJI-IRO」から振り込まれる

▲秋葉原のレンタルショーケースショップ「コレクターズマート」も販売代行サービスを利用している。

▲秋葉原のレンタルショーケースショップ「コレクターズマート」も販売代行サービスを利用している。

▲「NIJI-IRO」に出品されているフィギュアは、店内でも販売。

▲「NIJI-IRO」に出品されているフィギュアは、店内でも販売。

▲外国人観光客に人気の『ONE PIECE』や『ドラゴンボール』のフィギュアも取扱中。

▲外国人観光客に人気の『ONE PIECE』や『ドラゴンボール』のフィギュアも取扱中。

▲ケースを利用している個人が希望することで、海外向けに出品できる。本サービス対応のレンタルショーケースで借りれば「ケース内」+「海外向け通販」で、売れるチャンスが増えるというメリットも。

▲ケースを利用している個人が希望することで、海外向けに出品できる。
本サービス対応のレンタルショーケースで借りれば「ケース内」+「海外向け通販」で、売れるチャンスが増えるというメリットも。

海外の方にフィギュア・グッズの購入手段について聞いてみた

海外ユーザー向けに始まったWebマーケット「NIJI-IRO」だが、そもそも海外に住んでいるとアニメグッズが欲しい時どうしているのだろうか? アニメや秋葉原の情報を海外用に掲載しているWebサイト「Around Akiba」の編集長を務めるシュリラ・ネイトさんに、海外ユーザーのグッズ事情を聞いてみた。

Webサイト「Around Akiba」(http://around-akiba.com/)の編集長・シュリラ・ネイトさん

Webサイト「Around Akiba」(http://around-akiba.com/)の編集長・シュリラ・ネイトさん

――海外だとフィギュアなどのアニメグッズを取扱うお店は少ないんですか?
ネイトさん:海外に住んでいるとフィギュアなどのアニメグッズは手に入りにくいよ。大きい店に行けば『ドラゴンボールZ』や『NARUTO』のフィギュアが売ってたりするけど、出来がイマイチなんだよね。細かく作られてクオリティが高い日本製のフィギュアは専門店で探せばあるかもしれないけど、見つかりにくいからWebサイト「Amazon」「EbayWeb」とかで探してるよ。

――日本だと各地にあるアニメショップや電気屋でも売ってますからね。
ネイトさん:手に入りにくいからこそ、秋葉原に来た時はフィギュアを買って行くんだと思う。小さいフィギュアやキーホルダーといったグッズもお土産として沢山持ち帰れるけど、せっかく日本に来たなら凄いアイテムを持ち帰りたいよね。

――そういえば、ポスターとかタペストリーを買う姿はあまり見ませんね。
ネイトさん:ポスターも悪いわけじゃないけど、変な形だから荷物に入れにくいのが難点かな。イラストよりも立体物のほうがいいからね。


――秋葉原だと大量にフィギュアを買って行く人も多く見かけますが、やはり安く感じるのでしょうか。
ネイトさん:今は円安というのもあって安く感じますね。そうじゃないと高く感じるけど。ちゃんとしたフィギュアをよく買う人だったら、高くも安くも感じるだろうが、初めてで凄いものもって帰りたい人は高く感じる気がする。でもせっかくだからと思って、買う人も少なくないかな。

――簡単に手に入らないので、お土産に最適なんですね。最後に日本の商品を取扱う海外ユーザー向け通販サイトが開始されますが、どういった点が気になりますか?
ネイトさん:品揃えはもちろん、発送とカスタマーサービスだね。始まったばかりのサイトだと毎日買うことはないと思うので、いざ購入した時にスムーズな対応が期待されるでしょう。自分が楽しみに待っていたグッズが壊れたり、箱が凹んだりするとショックなので、シッピングとサービスが大事だと思います。

――海外のアニメグッズ、そして通販事情について教えて頂き、ありがとうございました。


・Webサイト「Around Akiba」(http://around-akiba.com/
・Twitter:@AroundAkiba(https://twitter.com/AroundAkiba
・Facebook:Around Akiba(https://www.facebook.com/aroundakiba
 
 

サイト情報

NIJI-IRO(http://2ji-iro.com/
■サービスのお問い合わせ:株式会社ディマージシェア 「NIJI-IRO」担当
・mail:support@2ji-iro.jp
・Tel: 03-5210-0120
※出品のご相談など上記お問い合わせ先まで、お気軽にご連絡くださいませ