1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

【後編】総額5億円の設備が揃う「DMM.make AKIBA」に潜入取材! リアル“未来ガジェット研究所”に驚愕

【後編】総額5億円の設備が揃う「DMM.make AKIBA」に潜入取材! リアル“未来ガジェット研究所”に驚愕 はコメントを受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

総額5億円の最新鋭機材を導入し、ハードウェア・スタートアップを対象とした開発・検証施設「DMM.make AKIBA」。本記事では11階&12階の様子をレポート!
前編はコチラ→/archives/17026695.html

main 
 

11階「DMM.make AKIBA Hub」

ハードウェア開発に必要な機材が揃う「DMM.make AKIBA Studio」(10階)への潜入を無事終え、次は11階「DMM.make AKIBA Hub」を目指す。公式HPによると、本施設は以下のように説明されている。

ハードウェア開発にまつわる各種相談を受け付ける窓口です。DMM.make AKIBA StudioやDMM 3Dプリントの設備を利用した試作・造形のご相談はもちろん、部品選定や工場選定のノウハウ、プロトタイピング開発や起業のための資金調達など、ハードウェアビジネスの展開に必要なノウハウをトータルでコンサルティングいたします。

どうやらこの階層は、基本的にユーザーは立ち寄らない場所のようだ。しかしながら、そういった場所にこそお宝はあるもの。こっそり中を覗いてみた。ちなみに、11階といえば、そろそろ「ンドゥバ(※)」が出てくるところ。良い物だと思って触れてはいけない。
※:ダンジョン探索型RPG『風来のシレン』で出現する、アイテムや階段に化けている面倒くさいモンスター。序盤のトラウマ。

fc5948e2

▲ひっそり失礼しまーす。
be0f9aaa
▲オープンを祝う花が沢山。
DSC_0106
▲この先、撮影禁止ゾーン。でも行っちゃう!
DSC_0108
▲バーン現れた高性能3Dプリンター。実際に稼働している。
DSC_0109
DSC_0112DSC_0113
DSC_0116
DSC_0118DSC_0119
DSC_0121DSC_0127

どうやらこの施設は、簡単に言うと「お客さんから頂いたデータを実物へ出力、制作してくれる場所」のようだ。そのため、基本的には一般の方には公開していない。なかなか貴重なものを見ることができた。

しかし、まだ気になる場所はある。どうやら、このラボはオフィスと併設しているようで、そちら側でもなにか作業を進めているようだ。むむ、机に向かって何か熱心にしている人がいるぞ……。

DSC_0140
▲完璧過ぎる潜入。もうちょっと近づいてみよう。
DSC_0145

▲3Dプリントされた物から、余計な部分を削っているようだ。ほとんど発掘作業に近い。

DSC_0150
▲削り出しの作業は大変だ。もしどこか破損したら、1からやり直しになる。

昨今、家庭用3Dプリンターも流通し始めているが、やはりクオリティ面はまだまだだ。1機5000万円はくだらない高性能3Dプリンターを利用したいなら、まずは「DMM,make」にアクセスしてみよう。

DSC_0152
[オマケ]▲ホワイトボードにあった落書き。

12階「DMM.make AKIBA Base」

「DMM.make AKIBA Hub」(11階)を後にして、目指すは12階。施設最上階の「DMM.make AKIBA Base」へ! 公式HPによると、本施設は以下のよ