1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

機関が立ち上がった!? 角川書店と日本IBMが『シュタインズ・ゲート』でコラボレーション!

機関が立ち上がった!? 角川書店と日本IBMが『シュタインズ・ゲート』でコラボレーション! はコメントを受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

角川書店と日本IBMが人気TVアニメ『シュタインズ・ゲート』でまさかのコラボレーション! 10月15日よりWebメディア「Mugendai」の特設ページにて、「IBMのコグニティブ・コンピューティングが実現する未来」をアニメの世界観で表現したオリジナル作品4本を公開中だ。
main

「IBM5100」の会社が動いた!

『シュタインズ・ゲート』は、2009年に発売されて大ヒットを記録し、アニメ・映画・小説など数多くのメディアミックス作品も生んだ科学アドベンチャーシリーズの第2弾作品。同作品は、小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーである中二病の岡部倫太郎が、偶然に発見してしまったタイムトラベルの方法を駆使して、仲間の死など迫り来る危機を回避するべく何度も過去改変に挑むという空想科学物語となっている。過去を変えることで生じるパラレルワールドを世界線と表現。偶然送ってしまった過去へのメールをIBN5100を駆使して削除すれば理想の世界線に到達できるとされていた。

ストーリーが進む上で重要な役割を果たすアイテムが、1975年に発売されたIBMのポータブル・コンピューター「IBM5100」をモデルにした「IBN5100」である。「シュタインズ・ゲート」は、2000年に米国の大手電子掲示板に現れ、「2036年から来たタイムトラベラー」と名乗ったジョン・タイターという人物の話をモチーフとして取り入れている。ジョン・タイターはタイムトラベルの目的として「1975年に遡って、IBM5100を手に入れること」と語っており、「シュタインズ・ゲート」では「IBN5100」でしか動かないプログラムを解析するために主人公たちが「IBN5100」を探し求める。

「シュタインズ・ゲート」の作者である株式会社MAGES. 代表取締役社長・志倉千代丸氏は、科学やコンピューターに造詣が深く、「IBM5100」を「シュタインズ・ゲート」で取り上げたことから日本IBMの関係者との面談の機会を通じてIBMが研究するテクノロジーに強い関心を持った。今回のコラボレーションでは、IBMが研究を進めている次世代コンピューティング「コグニティブ・コンピューティング」を軸に、4つのアニメーション作品が新たに制作された。

コグニティブ・コンピューティングは、人間と機械が自然言語で対話をすることで機械が学習し、人間がより的確に判断をできるように支援をするという次世代のコンピューティングだ。米国の人気クイズ番組で歴代チャンピオン2名よりも多く賞金を獲得した「IBM Watson」を中心に、コグニティブ・コンピューティングは学術研究や医療、製薬などの産業分野における活用が進んでいる。

今回のコラボレーションによる4つのオリジナル作品は下記のようなテーマに基づいて、コグニティブ・コンピューティングがもたらす未来の生活を表現している。

【シリーズタイトル 】
「聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング」
1. キッチン 編: 未来のキッチンはあなたの創造力を刺激する
2. ナビゲーション 編: 未来のナビゲーションはあなたの要望や意図を理解してくれる
3. ファッション 編: 未来のお店はあなたの欲しい物があなた自身より分かる存在になる
4.会議 編:未来の会議はコンピューターが、議論が円滑に進むようサポートしてくれる

今回のコラボレーション企画において、角川書店はアニメ「シュタインズ・ゲート」制作委員会の幹事として、制作を推進。日本IBMは、コグニティブ・コンピューティングに関する情報を提供し、シナリオの制作に協力した。

今後は4本のオリジナル作品は英語字幕を付きのバージョンを配信する予定とのこと。
sub1