1UP情報局

アニメ・ゲーム・ホビー、PC・ガジェット、コスプレやグルメなど、秋葉原を中心としたサブカル系情報の最新ニュースを速報で配信しています!

【開店情報】秋葉原で「弓の構え」を体験できるアーチェリー専門店「ウイン・ジャパン ショールーム」が4月3日オープン!

【開店情報】秋葉原で「弓の構え」を体験できるアーチェリー専門店「ウイン・ジャパン ショールーム」が4月3日オープン! はコメントを受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

4月3日、秋葉原にアーチェリー専門用品を取り扱う「ウイン・ジャパン ショールーム」がオープン。本店舗では、実際にアーチェリーのハンドルやグリップを触って重さを確かめたり、実際に試射することも可能となっている。
201404030002-10
 

経験者・未経験者もアーチェリーを体験できる!

秋葉原にオープンした「ウイン・ジャパン ショールーム」ではアーチェリー製品を取り扱っており、ハンドルをはじめ、グリップや弦を引く指を保護する「タブ」などを実際に触って選ぶことができる。本記者はハンティングアクションゲームで弓を使用したぐらいのアーチェリー未経験者だったが、「アーチェリーを構え」について店舗スタッフさんに教えてもらった。

「右利きの人は左手でハンドルを持ち、利き腕でアローを持って構えます」という説明を受けた後、初めてハンドル部分を持った感想は「重い!」ということ。ハンドル部分は約3キロの重さがあり、運動不足の記者は真っ直ぐ構えるだけで腕が震えだした。的を狙う射撃競技であってはならないことだ。

さらに、ハンドルを真っ直ぐ構えるのも大変だが、そこから右手で弦を引く力も必要。実際には右手の人差し指・中指・薬指の3本で硬い弦を引くこととなる。スタッフさんから「もっと引いて!弦を口元まで!」という熱いアドバイスを受けるも、非力な記者は「怖い怖い!」と怯え、まともな構えになるまで10分程かかってしまった。

記事内に綺麗な構えを掲載する予定だったが、記者の腕がぷるぷると震え始めた為、スタッフの方に依頼して「正しい構え方」を撮影させていただきました。
 

店舗の場所は千代田区神田岩本町1-20 窪田ビル2F。「GOLF Partner 秋葉原昭和通り店」の隣のビルとなる。
201404030002-17
張り紙のあるドアから2Fに上がるのだが、セキュリティの都合上、入る前にインターホンを押す必要がある。
201404030002-15
真ん中のインターホンからお店に繋がる。上部に店舗名が書かれたラベルがあるのでよく見てみよう。
201404030002-16
店内の様子。
201404030002-1
試射もできるスペースを用意。
201404030002-7
右利き左利き用はもちろん、カーボンやチタンなどさまざまな材質のハンドルが揃っている。
201404030002-6
ハンドル上下の「リム」に弦を付ける。
201404030002-2
ハンドルのグリップ部分も様々な種類がある。
201404030002-14
アローを持つ手に付ける「タブ」は弦を引く指を保護する道具。
201404030002-3
「タブ」は利き手の人差し指・中指・薬指に付ける。
201404030002-12
初心者には固く感じる弦を指三本で引く。
201404030002-13
記者の構えは目も当てられなかったため、店舗スタッフの方に「構え」のお手本を依頼。
201404030002-9
左腕を真っ直ぐ伸ばし、利き手の指三本で弦を口元まで引く。最初は難しく感じます。
201404030002-10
今回は構えのお手本なのでアローは無し。実際は数十メートル先の的を狙うスポーツ。
201404030002-11

自分で構えてみると予想以上に力と忍耐力が必要と実感したアーチェリー。未経験者も「構え」を体験することで、ゲームやアニメで見る「弓」のイメージが代わること間違いなしだ。

【店舗情報】
ウイン・ジャパンショールーム
電話番号:03-3258-3078
住所:東京都千代田区神田岩本町1-20 窪田ビル2F